TALENT(タレント)

TALENT(タレント)|在宅副業で稼ぐ
スマホ向け「ライティング」で稼げるサイト

目次

TALENT(タレント)は在宅での副業の新しい形としてポピュラーになってきた「ライティング」(文章や記事を作成し、その成果物を購入して貰う)でお金を稼ぐ事が出来るクラウドソーシングサービスの一つです。Word・Excelを使ったライティングからスマホだけで稼ぐ事が出来るライティング作業まで、定期的にお仕事の補充がされています。

矢印 緑TALENTは”在宅副業”の専門サイト

TALENT(タレント)は「在宅での副業」をテーマにしたクラウドソーシングサービス。記事作成などのライティング作業からロゴデザイン、イラスト作成など様々な仕事を在宅で行い、対価として報酬を稼ぐ事が出来ます。クラウドソーシングの手数料比較にも記しましたが、仕事を請け負って働く人(ワーカー)は利用手数料が掛からない点がTALENTのメリットです。

矢印 緑TALENTは翌月の月末払い

TALENTでは月末時点で3000円の報酬を獲得している場合、翌月末日に振り込まれる「自動支払い方式」と、500円を超えた際に翌月以降に支払われる「出金繰り越し」が選択出来ます。振り込みの際には手数料が一律500円掛かりますので、その点はご注意ください。

タレント ワーカー登録

スマホで稼ぐ方法【人気の副業・在宅ワーク】
LINELINE終了!?チャットで稼ぐ無料アプリ
タップスマホでいきなり200円貰えます
1位[口座動画]スマホで即金 [アプリで稼ぐ方法]
2位スマホのアプリで稼ぐ方法 [日給4万円]
3位スマホで稼ぐ方法[年間2000万円]
4位スマホのアルバイトで稼ぐ
5位スマホの在宅ワークで稼ぐ
6位スマホで日給10万円稼ぐ方法
7位スマホ・パソコンで日給10万円稼ぐ
8位スマホ・プレステのメールで稼ぐ
9位スマホで副業 [日給3万円]
10位スマホの時給の高い仕事で稼ぐ
無料スマホに稼げる情報無料配信! 株で稼ぐ投資で稼ぐ
■TALENT 会社概要

会社名:株式会社フルスピード
所在地:〒150-0044 東京都渋谷区円山町3-6 E・スペースタワー8階
事業内容:インターネットマーケティング事業ほか

ライティング作業のデビューに最適
スマホで稼ぐのに向いているかも

TALENT(タレント)は「在宅での副業」をキーワードに押し出しているだけあって、提供している仕事はライティング作業が中心で、スマホでも稼ぐ事が出来る案件が用意されています。ライターとしてデビューを飾るならTALENTも良い選択肢かも知れません。

■TALENTで出来る事

TALENTではお仕事のしやすさを考えた、以下機能がご利用いただけます。

TALENTで出来る事

■3種類の業務方式から選べます

作業者(ワーカー)が金額から提案するもの、作品を直接応募するもの、軽作業を行うものなど、依頼の性質によって業務方式を選ぶことができます。

3種類の業務方式

・見積募集型

自分のスキルを活かした本格的な仕事をしたいなら見積募集型!依頼者とワーカーが1対1で契約する業務方式です。サイト制作、システム構築、専門的なライティングなど、腰をすえて行うようなお仕事が多いです。

見積募集型の特徴
(1)高額依頼の受注が期待できます
(2)依頼者の予算を参考に、自分で見積金額を提示できます
(3)自分のスキルに合った仕事を選んで提案できます

・作品募集型

自分の腕を試したいなら作品募集型!複数の応募作品の中から採用作品が選ばれる業務方式です。ロゴ作成やネーミング、キャラクターデザインなどを始めとしたコンテスト形式のお仕事が多いです。

作品募集型の特徴
(1)腕に自信がある人は力試しになります
(2)ひとり複数作品の応募が可能です
(3)採用作品がない場合、キャンセル分配金が得られます

・作業承認型

さくさくお仕事をこなしていきたいのなら作業承認型!アンケートや簡単なライティング、写真投稿など、高いスキルを必要としない単純作業系のお仕事が多いです。

作業承認型の特徴
(1)誰でもできる簡単な作業が多いです
(2)原稿の投稿はTALENT内で行えます
(3)依頼によってはひとつの仕事で何回も作業できます

作業者は手数料要らず
仕事を依頼する側の負担が増加か

クラウドソーシングでは一般的に作業者がそのシステムの”利用手数料”を差し引かれて報酬を得る形が一般的なのですが、この「TALENT」では仕事を依頼する側がシステム利用手数料を支払う為、作業者(ワーカー)は手数料が掛かりません。この点はTALENTの大きなメリットです。

ただ、その「システム利用手数料」を見越した”作業単価の引き下げ”も当然有る事でしょうから、他のクラウドソーシングサービスと仕事の単価面で比較をしてみておく必要が有るでしょう。

ちょっと懸念されるのは、仕事の依頼が減ってしまうのではという事。システム利用手数料を仕事を依頼する側が負担するのは珍しいケースですし、その負担分は作業者の報酬から削らざるを得ないでしょうから、他の「手数料はワーカーが支払う、他のサービス」に仕事自体が流れてしまうのではないかと考えられるからです。

ちなみにシステム利用手数料は以下の通り。

手数料(報酬額の12%が2,000円より大きい場合)
└報酬額の12%

手数料(報酬額の12%が2,000円より小さい場合)
└2,000円

※いずれも依頼者側が支払い

TALENTもちょっと仕事量が心細い
メインで稼ぐには役不足の印象

2017年3月26日の時点ですが、
募集中のお仕事が有りません。

ただ、3月24日締め切りで1800文字×6記事=10800円のライティング作業の仕事が4種類など、全く新規の募集が存在しない訳ではありません。

冷静に計算したら、1文字1円ですね!
単価の面では、なかなか1円の仕事無いです。

TALENTでは運営会社である「株式会社フルスピード」からも定期的に仕事の補充が行われているようなので、単価の高い仕事にありつくなら、しょっちゅうTALENTにアクセスして仕事の有無を確認してみる必要がありそうです。

クラウドワークス
ランサーズ
シュフティ
Shinobiライティング

こういった、仕事が途切れない大手サービスをメインに据えて仕事をしつつ、TALENTで単価の高めの仕事の募集をチェックする、というスタイルが賢い使い方でしょうか。