シュフティ

シュフティ(Shufti)女性向けお仕事も豊富な
クラウドソーシングのお仕事で稼ぐ

目次

シュフティ(Shufti)はスマホで稼げる仕事が多く、利用手数料も低く抑える事が出来るクラウドソーシングサービスの一つです。見易く使いやすい画面と仕事を探し易い表示方法も好感が持てます。スマホしか持っていないユーザー向けのお仕事案件も多数有り、スマホでお金を稼ぐならまず最初にチェックしておきたいサイトの一つです。

矢印 緑シュフティで稼ぎたい方
シュフティでのお仕事はスマホだけでも取り組んでお金を稼ぐ事が出来るライティング・記事作成が多く、気軽に応募して作業を始める事が可能です。また、他のクラウドソーシングと違い「シュフティ外出」という、実際に表に出て働くお仕事の提案も有ります。スマホで稼ぐならまずこのシュフティをチェックしてみましょう。

矢印 緑シュフティに仕事の依頼をしたい方
シュフティには在宅ワークのプロフェッショナルが多数在籍。最小の費用で最大の効果を得られる外注先として信頼を得ています。主婦層の在宅ワーカーも多数在籍しており、平日昼間の緊急のお仕事にも早期対応が出来るのがシュフティの強みです。

スマホで稼ぐ方法【人気の副業・在宅ワーク】
LINELINE終了!?チャットで稼ぐ無料アプリ
タップスマホでいきなり200円貰えます
1位[口座動画]スマホで即金 [アプリで稼ぐ方法]
2位スマホのアプリで稼ぐ方法 [日給4万円]
3位スマホで稼ぐ方法[年間2000万円]
4位スマホのアルバイトで稼ぐ
5位スマホの在宅ワークで稼ぐ
6位スマホで日給10万円稼ぐ方法
7位スマホ・パソコンで日給10万円稼ぐ
8位スマホ・プレステのメールで稼ぐ
9位スマホで副業 [日給3万円]
10位スマホの時給の高い仕事で稼ぐ
無料スマホに稼げる情報無料配信! 株で稼ぐ投資で稼ぐ
■シュフティ 会社概要

会社名:株式会社うるる
所在地:〒104-0053 東京都中央区晴海3丁目12-1 KDX晴海ビル9F
事業内容:クラウドソーシング、BPOサービスほか

在宅ワーカー御用達「シュフティ」
その名の通り、主婦層も多く女性向けの仕事も

シュフティ、主婦ティ・・
上手に名付けたものです。

シュフティは仕事をしたい在宅ワーカーや主婦と仕事を頼みたい企業や個人事業主との間の橋渡しをするハブの役割・クラウドソーシングサービスとして2007年から運営されているサイトです。じわじわと利用者を増やし、クラウドソーシング業界全体を見渡してもトップクラスの仕事の提供量を確保しています。

そして何と言っても利用手数料がお得!
大手2社ランサーズクラウドワークスと比較して、私たちが一番使うのではないかと思われる10万円までの部分で手数料が半分で済みます。

矢印 緑他社と手数料を一括比較

クラウドソーシング 大手3社の
利用手数料の比較
シュフティ
一律 10%
ランサーズ10万円以下の部分
20%
10万〜20万円の部分
10%
20万円超の部分
5%
クラウドワークス10万円以下の部分
20%
10万〜20万円の部分
10%
20万円超の部分
5%

このように20万円以上の部分については、ランサーズとクラウドワークスがお得なのですが、我々が最も関係有ると思われる金額の部分、10万円以下の部分で手数料を比較すると

シュフティは半分の金額で済みます。
この差は大きいですね。

次は私たちも取り掛かり易い仕事、
ライティングやデータ入力などについて、
仕事の量を比較します。

クラウドソーシング大手3社
ライティング・記事作成の仕事の件数

 

2017年3月5日現在
シュフティライティング
649件
データ入力・収集
88件
ランサーズライティング
1153件
データ作成・テキスト入力
106件
クラウドワークスライティング
5492件
データ入力・データ検索・データ収集
403件

意外!(クラウドワーカーの方すみません)
クラウドワークスが断トツで仕事量1位!

ランサーズにちょっと届かずシュフティは3位。
ただ、シュフティには推す理由が有ります。

募集終了案件を載せない

募集終了している案件をデフォルトで”表示する”のは如何なものかと思います。ぱっと見「うわあ~いっぱい仕事有るなあ~(嬉)」と思わせて、実は募集終了案件だった・・・という事がシュフティにはありません。

”常時募集”案件で仕事が切れない

「いつでも募集しています」という”常時募集”がシュフティのキモであり、素晴らしい点です。これがすぐ探せるような並びで表示されるので、仕事が途切れる心配がぐっと減ります。

我々の感覚に合った利用手数料

先程「利用手数料」の比較をしました。
まず、クラウドソーシングに於いて、20万円を超える金額を稼ぐ事はかなりハードルが高い事なのではないか、という前提を含んで頂いた上で敢えて実際に受け取る金額のシミュレーションをしてみます。

(例1) 1カ月の報酬が5万円だったシュフティ 5万円×0.1=5000円
手数料が5000円引かれて 45000円の収入

クラウドワークス
ランサーズ 5万円×0.2=10000円
手数料が10000円引かれて 40000円の収入


(例2) 1か月の報酬が15万円だった

シュフテイ 15万円×0.1=15000円
手数料が15000円引かれて 135000円の収入

クラウドワークス
ランサーズ
10万円×0.2=20000円
5万円×0.1=5000円
手数料が25000円引かれて 125000円の収入


(例3) 1カ月の報酬が25万円だった

シュフティ 25万円×0.1=25000円
手数料が25000円引かれて 225000円の収入

クラウドワークス
ランサーズ
10万円×0.2=20000円
10万円×0.1=10000円
5万円×0.05=2500円
手数料が32500円引かれて 217500円の収入


(例4) 1が月の報酬が100万円だった

シュフティ 100万円×0.1=10万円
手数料が10万円引かれて 90万円の収入

クラウドワークス
ランサーズ
10万円×0.2=20000円
10万円×0.1=10000円
80万円×0.05=40000円
手数料が7万円引かれて 93万円の収入

報酬50万円なら
シュフティ 45万円の収入
クラウドワークス
ランサーズ 45万5000円の収入

これを見て頂ければ分かる通り、
報酬50万円近くにならないと、
シュフティがお得である事が判明します。

この「一律10%」は私たちがクラウドソーシングの仕事を通じて、スマホ一つで仕事をして稼ぐ事を考えるならば一番現実に即した、私たちの稼げる金額に見合った手数料ではないでしょうか?

この「庶民的な感覚」がとても身の丈に合った、
丁度良い印象を受けています。

シュフティはスマホで稼げるか?
実際の仕事内容を見てみよう

さて、シュフティはちょっとしたお小遣い稼ぎから、本格的に頑張って50万円近く稼ぐまでは手数料がお得で安い事が判明しました。それでは実際にどんな仕事が有るのか少し見てみましょう。スマホで取組める仕事が有るか、無いかはクラウドソーシングサイトの比較に於いて重要な点ですからね。

シュフティ仕事例(1)

【マンガ好き歓迎!】好きなマンガのレビュー

1件あたり 200円
募集件数 10件
1人あたり5件まで納品可

好きな漫画の感想を書いて気軽にお小遣い稼ぎ♪

漫画が大好きな方大歓迎!
実際にご自身でお読みになった漫画の感想を投稿いただくお仕事です。
簡単なプロフィールをご登録いただいた後(メールアドレス不要です)、
お好きな漫画を選択して評価と感想を記入ください。

・必ず3つ以上の見出しをつけてください。
・見出しへの装飾はいれないでください。
・本文の字下げは行わないでください。
・ご自身の文体で構いません。
・甘口、辛口問いません。
・ネタバレOKです。
・最低1000文字以上記入ください。


シュフティ仕事例(2)

【主婦の方歓迎!】ブログ記事ライターさん募集!(1200~1500字程度:30記事)

指定したキーワードにまつわる情報をネットで調べて頂き情報をまとめ、
簡単な感想を交えてまとめて頂く形になります。

⇒具体的な作業方法、記事構成についてのテンプレート、
の準備はございますので、初心者の方でもスムーズに作業を進めて頂くことが可能です。

※記事の内容は季節の行事、生活情報、芸能関連、イベント、スポーツ関連、その他注目を集めているニュースなど幅広い分野が対象になりますが、特に専門的な知識が必要なものではありません。
ネットで検索してわかる範囲の情報で結構です。

・1記事当たりの文字数は1200~1500字程度
・1日3記事以上作成可能という方は大歓迎です。
・文章を書くことが好きな方
・今後も継続的にお付き合いできる方
・責任感が強くお仕事を最後までやり遂げられる方
・エクセル、ワードソフト操作が可能な方
└スマホでも可能な条件です
・報告・連絡・相談をしっかりとして頂ける方
・必要に応じて、メールやスカイプ等でのやり取りができる方
・他サイトのコピペではなくオリジナルの記事をしっかりと作成して頂ける方。
※コピペ、簡単なリライトが発覚した場合はその時点で契約を無効とさせて頂きます。


シュフティ仕事例(3)

【初心者歓迎】芸能や有名人についてのブログ記事のライターさん募集 500円×6記事

■お仕事内容
・指定したタイトル(キーワード)にまつわる情報をネットで調べて頂き、簡単な感想を交えて記事としてまとめて頂くというお仕事になります。

※お固い記事ではなく、ライターさんの人柄が伝わってくるようような、ブログ風のゆるめなノリで書いていただきます。得意なジャンルについて友達に話すような感覚で書けばOKですので、楽しく続けられるかと思います!

・具体的な作業方法、記事作成についてのマニュアルもありますので、初心者の方でもそちらに沿って書いていただければスムーズに作業を進められます。分からない部分などがあればこちらで都度フォローします。

・専門的な知識が無くても、ネットで調べた情報やご自身の体験などを元に書いていただければOKです。

・1 記事当たりの文字数は1400文字程度~が目安。

指定のフリー素材サイトより、写真の挿入も行っていただきます。また、ライティングマニュアルに沿って動画の挿入を行っていただく場合もございます。

■必要な環境
・インターネット接続環境
・エクセル、ワード
(スマホでも可能ですね)

■報酬:
・3000円 【1400字以上×6記事】
※記事のクオリティ、スピード、文字数に応じて報酬アップも検討致します。

3つだけ取り上げ紹介させて頂きました。
身近な話題について、記事や文章を作成して欲しいという依頼が後を絶ちません。これには、「ブログやウェブサイトの内容・コンテンツを充実させたい」という企業や個人事業主の思惑が絡んでいます。

どうせなら知っておこう
なぜ「文章」がお金になるの?

ランサーズやクラウドワークス、そしてこのページで特集している”シュフティ”などのクラウドソーシングが、なぜ文章や記事の作成の仕事を募集しているのか、不思議に思われた事はありませんか?

なぜなら、
お金になるから
です。

文章がお金になる?
出版して、印税を稼ぐの?
ひと昔前の感覚なら、こう思います。

しかし、ネットが発達した現代では、
文章・記事で「集客出来る」のです。

皆さんがスマホやパソコンで調べ物をする時に「検索」という行為を行って調べますよね?この行為が集客に繋がり、引いては売上に繋がる、お金の流れが発生する事はご存知でしょうか?

検索する

ウェブサイトに訪問する

欲しい物を通販で購入する

こういった流れで日々お金の流れが発生しています。この「ウェブサイトに訪問する」という部分に於いて、皆さんがシュフティなどのクラウドソーシングで作成した文章・記事が大活躍するのです。

■詳しい商品レビュー
└参考になるな、この商品買ってみようかな

■お店に行った体験談
└私も行ってみたい、食べてみたい、サービスを受けてみたい

■病気・悩みの解決法
└参考になった、助かる、ついでにこのサプリ買おうかな

このように、訪問して「ためになる情報」や、
参考になり満足度を得られるサイト作り
売上に繋がり、その為の文章が必要なんです。

皆さんが作成した文章・記事は商品の説明や体験談・使用感としてウェブサイトに掲載され、訪問した人の目に触れます。そこで共感を得たり、知識となって役に立ったり、困っていた問題が解決した、分からなかった事が分かるようになったなどの訪問者の為のお役立ちコンテンツとして活用されます。そこにウェブサイト作成者は、関連した広告を掲載する訳です。人を集めておいて、広告に誘導する・落とし込む。これが文章・記事の作成依頼をしている側の意図である訳です。

この「文章・記事作成」は手間が掛かります。
また、1人や2人では文体も似通ってしまいます。

では、外注して大人数で仕事をやって貰おう。
お金を支払ってでも、労力を減らそう。

こういった経営方針・作業タスクのスピードアップと自社の労働賃金引下げ、労力の負担軽減などの目的からクラウドソーシングに仕事を外注し、在宅ワーカーに賃金を支払うという構図が成り立っている訳です。

シュフティという名前はこんな仕組みに、巧みに乗じていると感心しました。と言いますのも、仕事を依頼したい企業側はライティング・記事作成の仕事をお願いする際に、女性ならでは・主婦ならではの感性も欲しいのです。文章の内容が女性のきめ細やかな配慮に満ちていれば、「また読みたい」「これは共感出来る」「またこのサイトに来て情報を集めたい」という気にさせるでしょう。そんな時に「主婦ティ」という名前ならば、主婦層・女性の在宅ワーカー・空き時間で働きたい層が自然と集まるのではないでしょうか。

女性を集める名前の会社が
女性向けの仕事を配信し
女性が女性向けの記事を作成し
女性が満足するコンテンツが増加してゆく・・・

こんな流れを作り出す事に成功しているのではないか、と改めて感心したのです。また、個人的に感じている事なのですが・・これからは女性がネット上の情報を吟味・精査し、優れた物を残すように淘汰してゆく時代なのではとの思いを強くしています。

というのも、スマートフォンやタブレットの普及の広範さ、そのガジェットを使いネットを使う時間、ネットを利用して情報を読み込む精度の高さや深度など、全てに於いて女性の方が男性より上手に使いこなしている印象を受けているからです。

女性目線で、女性の為につくられた文章・記事などのコンテンツが男性目線で作られてきたネット上のコンテンツを徐々に駆逐してゆく、そんな予感がしております。