スマホで稼ぐ方法|スマホから申請で稼ぐ「不労所得」

スマホから申請・報告で稼ぐ7桁の「不労所得」
一般人が知り得ない権利収入の獲得方法

目次

メールの送受信、一般的なネット・ウェブサイト閲覧、文字の入力が出来る方ならどなたでも獲得出来る、「不労所得」とも言える現金の獲得方法について、詳細にお知らせします。一般人には公表されずごく一部の既得権益者の間でのみ行われて来たお金の稼ぎ方ですが、この度遂にマニュアル化して公開出来る運びとなりました。

1.指示された場所にスマホ・パソコンから申請
2.送られてきたファイルを指示場所に転送
3.10日後には入金開始
4.スマホ・パソコンから内容の確認
└ガラケー不可
5.内容の報告(報告方法は雛形をご用意)
└メールにて。報告の必要が無い場合も
一連の繰り返しで1カ月に7桁の入金が発生します

download ボタン
製本版マニュアル取り寄せはこちら
必要な物スマートフォン
タブレット
パソコン いずれか
※申請・報告はフィーチャーフォンからでも可
動作可能な環境▼Android 4.0以上
iOS 7.12以上
Chrome最新版 Safari最新版(標準ブラウザ推奨)
※一般的なネット閲覧が出来る端末
▼PC windows 7以上 macOS 10.4以上
IE9以上/Chrome最新版/Firefox最新版/Edge最新版/Safari最新版
CPU:Core2duo以上推奨 メモリ:1GB以上推奨
※一般的なネット閲覧が可能な環境
スマホで稼ぐ方法【人気の副業・在宅ワーク】
LINELINEみたいにチャットで稼ぐ方法
1位スマホで稼ぐ方法[年間300万円]
2位スマホのアプリで稼ぐ方法 [日給4万円]
3位スマホのアルバイトで稼ぐ
4位スマホの在宅ワークで稼ぐ
5位スマホで即金 [アプリで稼ぐ方法]
6位スマホで日給10万円稼ぐ方法
7位スマホ・パソコンで日給10万円稼ぐ
8位スマホ・プレステのメールで稼ぐ
9位スマホで副業 [日給3万円]
10位スマホの時給の高い仕事で稼ぐ
無料スマホに稼げる情報無料配信! 株で稼ぐ投資で稼ぐ

あなたはその秘密を知りたいですか?

週1回、数十分のスマホ作業から毎月数百万円の収益を
不労所得として、合法的に稼ぐ方法の全て

「この確認と報告さえきちん行っていれば、金は入ってくるから」

ものの30分程度でその話は終わり、
最後に私は、彼にそう指示されました。

知り合って1時間も経過していないその男に、
自分の人生をこうまで変えられるなど、
その時は夢にも思いませんでした・・・

これから、その際に教えられた信じられない事実の
その“全て”をこのページでお話ししようと思います。

この話は、私自身が
週1回、数十分の在宅作業から毎月数百万円の収益を
ほぼ不労所得で、合法的に得ている方法の全てでもあります。

もしも、あなたが望むのであれば私が彼に教わった“この方法”を、
あなたにも“全く同じように”提供することが可能です。

中山 優馬

私はその事実を知った時、「怒り」すら覚えました

もしも、日本経済の中に、“抜け穴”としか言えないような
キャッシュフロー(お金の流れ)が存在するとしたなら。

そして、それが考えらないほと莫大な金額であり、
そのキャッシュを受け取り続けている人がいる
と知ったなら、あなたはどう感じるでしょうか?

更に、そのキャッシュをあなたがお持ちの
スマホから簡単な申請手続きから半不労状態で受け取れる
としたなら、あなたはどう思われるでしょうか?

私はその事実を知らされた時、
わずかならが「怒り」に近いものさえ感じました

そんなことでそれだけのお金が得られるなら、
今まで自分が・・・そして、多くの人が労働し、
そのの対価として得ている、賃金は一体何なのだろう、
と。

これまで、そのことを知らなったことが「罪」であり、
これまでの人生で費やしてきた労働が
全て「罰」であったかのようにさえ思えてきたのです。

しかし、その怒りと同時に
「でも、それが本当だったら・・・」
という期待も沸々と湧き上がってきたのです。

怒りと同時に期待が沸き上がる

私がその話を聞かされたのは
2012年の年が明けて間もない頃でした。

年明けの連休が明けた頃、
以前の職場で良くしてもらった、ある先輩の紹介で
私はある人物と知り合いました。

その人物とは、
私の人生史上では間違いなく一番の「大物」で
今後も、色々な意味でこの人以上の人と出会うことは
まず無いだろうとさえ思っている
私にとっては恩師とも言うべき人物、「石崎氏」でした。

ごく普通の会社員で三十路目前でありながら、
ろくな貯蓄も財産もなく、月収30万円にも満たない私と
年収にして数億円を稼ぎ、幾つもの事業を手掛る石崎氏。

私はこのような人物と話をする機会など無いため、
ここぞとばかりに、
人生で成功するにはどうすればいいか
などと、そんな取りとめもない話を切りだしていました。

そんな会話の中、石崎氏が話し始めたのは
日本経済における“あるキャッシュフロー”の存在と
その流動の中にある“●●差”によって生まれる差益収入のことでした。

労働賃金への価値観を根本的に打ち砕かれる

「日本にはね、あるんだよ。
人を馬鹿にしたような金額で流動している
権利を突っ込みやすいキャッシュフローがね。
ここ数年は年間総額数千億円規模にはなるかなぁ・・・
ハハ、ダメな国だろ?(笑)」

このキャッシュフローはついては、
私が後日調べたある統計データでも
一昨年、昨年でそれぞれ年間約4000億円は
確実に流動していことが確認できました。

石崎氏はその話を続けました。

「そのキャッシュフローの中には●●差があってね。
その“●●差収益”が、そこそこいい金額になるんだよ。
きちんとそこに権利を置いておけば
当然その“●●差収益”はそれが流動する度に入ってくる訳だよ。」

そこに存在する“●●差収益”というのは極めて現実的な話でした。

「この“●●差収益”はね。
金額こそ4~5年は年間2000~3000万円程度だけど、
労力に対する収益率はかなり高いからね。
ほぼ不労所得ってヤツだよ。」

不労所得を受け取っている人物が語った、経済の盲点

年間2000~3000万円もの「●●差利益」
ほぼ不労所得の状態で受け取り続けるなど、
私には、正直とても信じられない話でした。

いえ、ただ信じたくない話だっただけかもしれません。

しかし、その説明を聞く限りで
そのキャッシュフローの存在や
金額的な規模は容易に想像できました。

「金持ちには根本的に出回る情報が違う」

私はそう思いました。

こうして現に金を持っている人にだけ、
更に金は集まっていくのだと思い、
その現実も含めて私は軽い怒りさえ感じました。

「いいですね・・・お金があると
そういう情報がどんどん入ってきて・・・
半不労所得で年間2000~3000万円ですか・・・
真面目に働いているのが馬鹿らしくなりますよ。
ハハハ(苦笑)」

私は下手にこんな話を聞くんじゃなかったと思い、
私はそんな皮肉を吐き捨てました。

そんな私に石崎氏は、
更に信じられないことを言ってきたのです・・・。

今はインターネットが普及しているから、君も受け取ったらいい

そのフローキャッシュに存在する“●●差収益”を
申請1つから、私でも受け取ることが出来る
というのです。

しかし、相手は桁はずれの高所得者です。
どうせそのためには、
莫大な資金がかかるのだろうと思いました。

ただ、その点を尋ねてみたところ・・・

「まあ、先立つお金がかからないことも無いけど、
7000~8000円くらい、高くても1~2万円程度かな。
何か大きなリスクを考えているようだけど、
申請は1回きりで問題は無いし
それによって受け取れるであろう金額の方が
遥かに大きい訳だからね。
その上、完全に合法的に得られるお金な訳だから
このお金を受け取るのにリスクなんて全く無いに等しいよ」

そのキャッシュフローに生じる“●●差収益”を受け取る権利は
わずか1万円程度の申請などから得られるというのです。

私の怒りは期待に変わりつつありました。

1000万円稼げる可能性に対して、数万円など何のリスクでもない

石崎氏は話を続けました。

「私も以前は素寒貧だったからね。
このキャッシュフローの存在を知って、
“●●差収益”を得るために色々聞きまわったもんさ
そうしてこの方法を知って、
実際に得てきた金を資金にして、
色々事業を展開していったんだよ。
他でも無くこの揺るぎない資金源があったからこそ、
今の私がある
と言ってもいいかもしれないね。」

石崎氏も初めから成功者だった訳ではなかったのです。

彼にも今の私同様、
金も人脈も経験も無かった頃があったのです。

私は理不尽な怒りを感じ、
つまらない皮肉を投げた自分が恥ずかしくなりました。

「これは申請するだけで永続的に
受け取れるお金という訳じゃあないから、

君が本当に申請を出して、この“●●差収益”を
継続的に受け取り続けたいなら、ここからの話が大事だよ」

そう言って、石崎氏は、
この“●●差収益”を着実に受け取り続けるための方法
について、話し始めました。

●●差収益を着実に受け取り続けるための2つの作業

「え?そんな作業をたったそれだけ??でも、確かに・・・!」

私はその話を聞き終え、思わずそう漏らしてしまいました。

「今はインターネットが普及したからね。
後はこの確認と報告さえ行っていれば、金は入ってくるから」

話の入口から、その結論までの間に経過していた時間は
わずか30分程度でした。

この話は、決して内容の薄い話でも質の低い話でもありません。

しかし、それほど、この「キャッシュフローの存在」
「“●●差収益”を受け取るプロセス」
非常にシンプルなものであったということです。

一週間にたった一度の確認作業と
その”報告”を行うだけの作業とは

私が継続的に行うように指示された作業は
大きく分けてたった2つでした。

その作業は、1週間に1度“ある確認”を行い、
場合によってはその内容に沿って
“ある報告作業”などを行うだけというものでした。

作業時間としては10分もかからない内容の作業です。

しかし、たったこれだけの作業で
そのキャッシュフローに存在する“●●差収益”を
着実に、そして継続的に得られるであろう仕組み
きちんと成り立っていたのです。

インターネットが普及した今だからこそ、可能になった「不労所得」を受け取る方法

「当時は色々面倒もあったけど、今はネット社会だからね
それだけでも、きちんと受け取れる仕組みだよ。
知っている人はほとんどいない方法だけど
きちんと合法的に受け取れるお金だから
安心して受け取ったらいい。
でも、
税金はきちんと払わなきゃいけないよ」

このノウハウで得られる収益は、
きちんとした“所得”として得られる収入になります。

当然所得である以上、日本の税法上
申告の義務がありますので、
その収入はきちんと申告し、納税する必要もあります。

位置付け的には“個人事業による所得”
ということになりますので、自己申告になります。

(アフィリエイトなどで稼いだ収入などと同様です)

石崎氏から、この方法の全てを聞き終えた私は
その日のうちに言われたとおりの申告作業を行い、
全ての手続きを済ませて、その継続作業に入りました。

そして、その20日後には、
実際に“キャッシュフローの流動”が起こり
そこで生じた“●●差収益”が、口座に振り込まれたのです。

その金額は自分の月収を遥かに超えるものでした・・・

申請後、わずか20日後に振り込まれた

以後、この“●●差収益”は、
このキャッシュフローが流動する度、
定期的に振り込まれ続けるようになり、

私の預金残高が1000万円を超えるのには、
さほどの時間はかかりませんでした。

以下はここ数ヵ月間で私がこの“●●差収益”を受け取った
実際の振込が確認できる画像です。

2月22日 某企業より100万円の振り込み
2月22日 100万円の振り込み
3月5日 某企業より100万円の振り込み
3月5日 100万円の振り込み

3月13日 某企業より100万円の振り込み
3月13日 100万円の振り込み
4月8日 某企業より200万円の振り込み
4月8日 200万円の振り込み

たった8カ月で1000万円を超える貯蓄を稼ぐ事が出来た

上記画像で確認できる通り、
振込は“.LTD”からということで、
(印字の関係上、“D”は見えなくなっています)
ある企業からの振り込みがあることはご確認いただけると思います。

私は現在、こうしてある企業から
毎月100万円単位の振込を受け取り続けているのです。

それまでは10年近く会社に勤めながら、
数十万円程度の貯蓄しか残せなかった私が
石崎氏より、“この事実”を聞いた日から
わずか8ヵ月間ほどで1000万円の貯蓄を残せています。

これは、例の数千億規模のフローキャッシュに生じた
“●●差収益”を着実に得続けたからこその現実です。

それも、ほとんど作業と言えるような作業もせず
1週間に1度、数十分程度スマホに触り
機械的な確認と報告をしていただけで
実際に稼ぐ事が出来た現金なのです。

家から出ずにスマホで稼ぐ毎月7桁の
不労所得をあなたも貰ってみませんか?

このキャッシュフロー、そして、その“○○差収益”などは
今のようにインターネットが普及する前から
確実に存在していました。

そしてその差益収入を受け取っているような人も
石崎氏に限らず、確実に存在していたのです。

しかし、私のような一般的な生活を営む人間には
そのキャッシュフローの存在さえも知る術がありません。

例えその存在を知ったところで
そこに“●●差収益”があり、それを自分の口座へ
合法的に振り込ませることができる
など、
思いもよらないことだと思います。

(法を犯すのであれば考えられるかもしれませんが・・・)

しかし、その事実を知り、その方法さえわかってしまえば
これほど簡単に、これほどまでのお金を稼ぐ方法は
他には無いと思います。

現に年間数億円を稼ぎだす石崎氏でも

「この方法で得られる収入の労力に対するリターン率は
どの事業よりも軍を抜いている」

と言っているのです。

一体誰がここまでの過剰なキャッシュフローを許容してしまったのか

まず、先ほども述べましたが、
このキャッシュフローの規模は
ある調査機関を打ち出している数字で
一昨年、昨年と年間約4000億円以上になっています。

1年間に流動している金額は
一般人の生涯賃金4000人分に相当するのです。

正直、このような金額の世界では
常識的な観点は全く持って無意味です。

しかし、あなたにも決して無縁な世界ではなく、
その存在を知り、その方法さえわかれば
その中に権利を生じさせ、その“●●差収益”は
あなたも着実に受け取り続けることができるのです。

私でさえ今では、これまで当たり前のように
1ヵ月わずか数十万円の賃金で日々、労働を重ねていたことが
まるで異常であったかのように感じています。

私はこの方法で収入を得るようになり、
様々な視点や観点が大きく変わりました。

それほど、私にとってこの事実は衝撃的でしたし
それだけの経験を、この身を持って体感しています。

そんな私が実際に行ったこと、行ってきたことを
これから解説していきます。

現金が振り込まれるようになります

私は石崎氏にこの話を聞いた翌日、
まず、このキャッシュフローの中に権利を生じさせるため
スマホでサイトにアクセスし、その専用フォームより、
“●●差収益獲得のための申請手続き”を行いました。

この申請は基本的にネット上で行います。
また、この際に行うことは、あくまで申請手続きです。

従って、「何らかのサイトに登録」などという
よくあるくだらない情報にありがちなものとは
一切関係ありません。

このような方法とは一切関係ありません

このノウハウはあくまで
ある4000億円規模のキャッシュフローから
そこに生じる“●●差収益”を得るためのもの
です。

従って、何かのサイトに登録してどうこうという
何らかのサイトサービスなどに頼った他力本願な
よくあるネットビジネス系の情報とは一切異なる内容となっています。

一度作業を施せば、随時電話やメール対応に追われるということも無く
極めて現実的な収入の流れから、半不労所得を実現できる内容です。

当然ブログやサイトを作ってどうこう、
メルマガを発行してどうこうという経緯は一切ありませんし
サイトや何らかの企業へ、
あなたの個人情報を登録するような必要も一切ありません。

ただ、銀行口座やスマートフォン・パソコンなどの
ネットを閲覧出来る環境は必要ですので、
あえて登録が必要とするなら、それくらいです。

こうして私は、まず申請手続きを終えました。

すると、申請から、2日後、申請の際に記入したメールアドレスに
あるファイルが送られてきました。

早ければ10日くらいで受け取れるよ

石崎氏にそう聞いていた私は、言われたとおり、
そのファイルを指示されていた場所へそのまま送付しました。
(この手続の際に、8400円の費用がかかりました。)

つまり、私がこの申請手続きの際にかかった費用は
わずか8400円でした。

スマホやパソコンさえ所持しているのであれば、
この“●●差収益”を受け取る上でかかる初期費用は、
これ以外は、一切必要ありませんでした。

そして、その20日後、私の口座には
50万円のキャッシュが振り込まれたのです。

以後、100万~200万円の振込が続き、
以後8ヵ月間で私の貯金通帳の残高は1000万円を超えました。

次に申請から8ヵ月間、
私が週に1回行ってきた継続作業についてお話します。

決められた曜日に行う確認と報告

この“●●差収益”は、スマホやパソコンから
申請しただけでは受け取ることはできません。

着実にきちんと受け取り続けるには、
ある確認作業報告作業などが必要となります。

「基本的には、毎週金曜日だね。
●●差も含めて、きちんと“それ”を確認し、
場合によっては、“それ”を報告しなければいけないんだよ。

これを怠ると受け取れるはずのお金も受け取れないからね。
慣れれば、確認だけなら数分、
報告がある場合でも数十分で終わる作業だよ。
報告はメールでできるからね。
わりと多忙な私でも、これは今だに自分でやってるよ。」

この確認作業は、基本的には毎週金曜日というもので、
前日の木曜または後日の土曜でも問題はありません。

ただ、取み組みやすさの上でも基本的には、金曜日です。

私は今も石崎氏にこう指示されたとおり、
毎週金曜日に、指定された確認作業を行っています。

そして、場合によってはその報告を行っているという流れで
この“●●差収益”を受取続けているのです。

確認そのものは非常に簡単な作業ですので、
スマホ片手に慣れれば数分で終わります。

そして、その確認を行った上で
その確認内容によっては、ある場所へその報告などを行っています。
その報告は、メールで行えます。(報告の必要が無い場合もあります)

スマホ・パソコンから内容を報告
その作業は時間にして10分も掛かりません

この確認から、報告までの一連の作業は、
スマホやパソコンである一画面を見て回り
その内容に沿った形式的な報告メールを1通出すだけ
ですから、
確認のみなら数分で終えられていますし、
報告内容がある場合でも10分もかかりません。

その内容は私が石崎氏の話だけを聞いて理解できた作業ですので
決して複雑な作業ではありません。

いずれにしても、これまで説明した通り
私がこの“●●差収益”を得るために行ってきたことは、
この申請作業から、確認作業と報告作業を
週に1度のペースで繰り返しているだけなのです。

(皆さんがスマホやパソコンで稼ぐ為に詳しい
マニュアル化に成功しましたので、ご安心ください。)

現金を受け取る方法の全てを記したマニュアルを作成しました

今回、私は、この“キャッシュフローの存在”から、
“●●差収益についての解説”は勿論、
その“●●差収益を受け取るための申請手続き”
“継続作業などの全てを解説したマニュアル”を作成致しました。

そして、このマニュアルをご紹介する以前に
まずは、そういった事実があることを説明させていただくため、
このようなページを作成させていただきました。

勿論、このマニュアルを作成し、こうして公開しようと考えた時、
何より先にそのことを石崎氏に相談しました。

この事実は彼に教えていただいたものですので、
ダメだと言われば断念するつもりでしたし、
売上の大半をよこせと言われれば、それも承諾するつもりでした。

こうしてマニュアルを公開する以上、
自分が更にお金を儲けたいという気持ちも勿論ありますが、
それ以上にこの方法こそ、手にした人の境遇によっては
その人の人生を救える内容であり
その人の幸福に貢献できる内容であり
その人に100%満足していただける内容である

と、確信していたからです。

そして何より、このような事実と方法が現実にあることを知り、
そして現実にその“●●差収益”を受け取りながら、
それを第3者に伝えずにいることが
まるで「罪」であるかのように感じられたのです。

例え石崎氏に「売上の全てをよこせ」と言われても、承諾するつもりでした。
しかし石崎氏は・・・

君の好きにしたらいい

石崎氏はこう言って、この情報を公開することには
一切の抵抗もその売上要求も出してきませんでした。

また、

「別にこの方法で“●●差収益”を得る人間が何人増えても、
私の受け取れる金額が減る訳でもない
からね。
もしも、これにそういう要素があったなら、
きっと君にも教えてないよ。」

確かにその通りです。

私はただ、石崎氏と昔から付き合いのがある人物が
たまたま仕事上の付き合いでよくしてもらっていた先輩であり
その先輩にたまたま石崎氏を紹介してもらっただけの関係なのです。

実際にこの方法を知ることで私の人生は大きく変わりましたが
現にその先輩も私が実際にこの方法でかなりの額を稼ぎ始めたことを知り

「そんな方法があったなら、なんでオレにもっと早く教えなかったんだ!」

と、激怒しながらも、すぐに私同様の手続きを踏んで
その先輩もこの“●●差収益”を受け取りはじました。

「別に・・・おまえから金儲けの具体的なことなんて
これまで、聞かれたことも無かったからなぁ」

と、石崎氏・・・彼にとってみれば
この情報はとくに当たり前の事実であり、
特別な情報であるというような認識など無かったのでしょう。

マニュアルの内容について
大まかに8つのパートで構成されています

このマニュアルに書かれていることは、
ただ現実に存在している揺るぎない事実と、その事実の中にある、
私が実際に毎月数百万円を受け取り続けている
“●●差収益”の受け取り方の手順だけが解説されています。

これはまさに私が石崎氏に聞いた事実とその手順
そのままの内容でもあります。

このマニュアルに書かれてることは大きく分けて以下の8点です。

■4000億円規模で日本経済を流動し、
今も確実に存在しているキャッシュフロー

そのキャッシュフローの存在とその詳細やどのような規模で実際に流動してきたものであるか、なども含めある調査機関がきちんと公表しているデータも含めてわかりやすく解説しています。


■そのキャッシュフローに存在する“●●差”について

そのキャッシュフローに存在する●●差についての解説事項です。

この部分においても、きちんとしたデータを加えた上で解説を進めています。


■あなたが実際に受け取っていくことになる、“●●差収益”について

そのキャッシュフローに存在する●●差から生じる差益収入についての解説事項です。

私や石崎氏は勿論、現に日本国内で受け取っている人は少ないながらも存在するものになります。

あなたが実際に受け取っているこの収益について、税法上の観点も含めて、きちんと詳しく解説されています。


■“●●差収益”を取得する方法について

“●●差収益”を自分の収益とするための理論的な部分が解説されています。

何故、その収益が自分のもとへ発生するのか、それは本当に合法的な所得として問題無く受け取っていいものなのか、などの法的観点も含め、実際に実行していく内容についての理論的な部分が解説されています。


■申請手順と、申請することで得られる“あるファイル”について

最初に行うある申請作業についての手順解説と申請後に受け取る“あるファイル”についての解説です。

そのキャッシュフローの中に権利を生じさせるための申請として、その申請先、申請手順などが解説されています。

申請はスマホやパソコンを使いネット上で行います。

また、申請後受け取るファイルについての解説も入っています。

このファイルは“●●差収益”を受け取っていく上で使用するファイルとなるものであり、実質、そのままある場所へ送付すればいいだけのファイルですが、それがどういった役目を持つものであるのか、などが解説されています。


■申請後の手続きなどの手順について

申請後に行う手続きの手順などが解説されています。

申請後、受け取ったファイルをそのまま送信していく作業が主となりますが、その際にかかる費用(7~8000円、場合により1~2万に変動)などについてなどが解説されています。

この作業を終えた段階でそのキャッシュフローから生じる“●●差益収支”を得られる権利を手にしたこととなりますが、それがどういった権利であるのかなども解説されています。


■継続して行っていく必要がある“確認作業”の手順などについて

申請、手続きを終えた後、週に1度行っていくべき確認作業の手順などが図解入りで解説されています。

基本的には金曜日にパソコンを使って、ある一画面を確認するだけの数分で終えられる簡単な内容です。

具体的にどこをどのように確認し、それが何を意味し、その確認内容をどうしていくのか、などを実際の確認画面を含めて図解入りで解説されています。


■確認内容によって、行う必要がある“報告作業”などの手順について

確認作業の内容によって、行う必要がある報告作業などが解説されています。

確認内容によって、その内容をメールで報告する必要がある場合にのみ行う作業になります。

どういった確認内容の場合に、どういったメールをどこに送信し、報告するのか、などが解説されています。

この報告メールについては、商品ファイルの中にその雛形文を用意していますので、そちらの方をご利用いただく上での手順が解説されています。従って、この報告メールをご自身で作成していただく必要はありません。

また、このマニュアルの作成の関して、
その統計データや正しい理論実装の面で
お忙しい中、石崎氏本人にも制作協力をいただきました。

石崎氏本人に監修を受けた上で作りあげましたので
私としても
非常に分かりやすく、完成度の高いマニュアルになったと思います。

私同様、毎月7桁の“●●差収益”を得る上で、
この事実とその手順以外に必要なものなど、何1つありません。

あなたは大きく分けて上記の8点を“知る”だけでかまいません。

そして、“それ”が欲しければ
その知識をもとに行動していけばいいのです。

〈稼ぐ為に行うべき申請と手続き〉
受け取ったファイルをそのまま送信
以下に手順を詳しく説明します

あなたがこのマニュアルを手にし、
その内容を理解した上で、その内容に沿って行動していく場合、
まず、実際に行動していく流れとしては、
以下、基本的に一度のみ必要な申請、手続きの作業になります。

1.申請

申請はスマホやパソコンを使ってネット上で行います。
マニュアルで指示された申請先に必要事項を記入し、申請を出します。

申請より2~3日で申請先より、申請の際に記入したアドレスの方へ
●●差収益獲得のためのあるファイルがメールで送付されます。

2.手続き

届いたファイルをマニュアルに指示されたある場所に
そのままメールにて送付します。

この手続きの際に、ファイル送付先より案内された口座へ
手続きにかかる代金を支払います。
この金額は場合によって変動しますが
基本的には7~8000円、高くても1~2万円程度です。

これで“●●差収益”を受け取るための手続きは完了し、
その後、最速で10日程度で入金がはじまります。

〈継続して発生する作業〉
週に一回、ある画面をスマホやパソコンで確認し
報告する事で収入が継続する事になります

以下は手続き後、継続的に行っていく作業です。

1.確認作業

毎週金曜日に、マニュアルの内容に沿って、
スマホやパソコン上からある一画面を確認します。

確認作業の詳細はマニュアルの方で
実際の確認画面入りで図解によって解説されています。

そちらに沿って確認を行い、その内容によっては、内容報告を行います。
(報告の必要が無い場合もあります)

この確認作業の時間はとくにいつでも問題ありません。
とくに厳密なものではなく、言ってしまえば
前日の木曜または後日の土曜でも問題はありませんが
基本的には、金曜日ということになっています。
慣れてしまえば数分でできる本当に簡単な作業です。

2.報告作業

確認内容によっては、その確認内容をある場所へメールで報告します。

報告用メールは、商品ファイルの中にその雛形文を用意されていますので、
それをそのまま利用して、内容に沿った報告メールを送信していきす。

従って、この報告メールをご自身で作成するような必要はありません。

以後、確認作業と報告作業を繰り返し継続していくだけという流れになります。

私は実際に週に1度のみ、この作業を繰り返すだけで、
ここ8ヵ月間だけで、1000万円を超える貯金が出来るほど
この“●●差収益”を受け取り続けているのです。

公開しないことに「罪」を感じてしまう

この“●●差収益”は、石崎氏も言われていた通り、
受け取る人が増えることで、
現状でこれを受け取っている人の取り分が減るということは
根本的にありえないものになっています。

あなたも含めて、今後、何人の人が
この“●●差収益”を得るようになったとしても、
すでにそこへ権利を生じさせている現状の私や石崎氏、
他でこの“●●差収益”を受け取っている人にさえも
その受け取り金額には一切影響は出ません。

私は石崎氏と違い、他の事業を手掛けているようなこともありませんので
私にとっては、この“●●差収益”こそが
現状で自分の一番の収入源であることは言うまでもありません。

これまで解説している通り、その額も相当な金額になっていますので
この情報を販売する販売利益を考えても、
“●●差収益”そのものが下がってしまうなら、
この情報を公開しようとはまず思うことは無かったでしょう。

現実に存在する年間4000億円規模のキャッシュフローに対し、
私や石崎氏のように、
この “●●差収益”を得ているのは日本全国で考えても
おそらく100(個人、法人単位で)にも満たない数だと思います。

このキャッシュフローの流動から生まれる“●●差収益”
どう少なく見積もっても、年間4000億円の中の約75%。

つまり、年間3000億円には相当します。

一体どれだけの人がそれを受け取らず、損をしているのか・・

年間3000億円という金額に対し、
それを受け取れている個人、法人の数が
わずか100以下であるというのは、
まさに恐ろしいほど低い比率であるといえます。

ただ、この“●●差収益”
誰かがその金額の多くを独占できたり、
その権利者で均等分配したりするというものではありません。

もしも均等に分配したり、独占できるものなのであれば
私がこうして情報を公開することは勿論、
石崎氏がこの方法を私に教えてくれるようなことさえ無かったでしょう。

現実に3000億円という規模の中で、私や石崎氏が得ているのは
年間でその中のわずか2~3000万円程度です。

どれだけ簡単に受け取れるはずのキャッシュを
受け取らすに損をしている人がいるのかは
計算するまでもなくお分かりいただけると思います。

私がこうして情報を公開し、1000人が新たに
このお金を受け取るようになったとしても
まだその金額は200億~300億の世界です。

この“●●差収益”は、このページから、
この情報を手にする人が1万人を超えたレベルで初めて、
受け取ることが出来ないという人が実際に出てくる可能性がある

というレベルの情報なのです。

その上でも、一応は現段階で
この情報を公開できるその限定数を定めておきます。

この情報マニュアルを提供できる限定数は
かなり余裕を持たせた数字で、2000セットとさせていただきます。

条件などなく、ほぼゼロに等しい労力で受け取れる現金

月7桁の●●差収益を
お約束できる内容であるからこその返金保証をお付けします。

申請後100日間、確認と報告作業を繰り返し、
300万円を稼げなかった場合、返金させて頂きます。

この方法を実行する上での、
その申請、手続きなどの条件としては
18歳未満の未成年や海外在住の方は無理ですが
(戸籍、住民票が日本であれば問題ありません)
年齢の上限はありませんし、自己破産、債務整理をしている方や
その手続きの最中である方でも一切問題ありません。

つまり、18歳以上の国内在住者であれば
誰でも申請を出し、この“●●差収益”を受け取ることが可能です。

確認作業と報告作業もこの手紙に記載した通り、
数分、数十分で簡単にできる週1回のみの作業です。

このページにアクセスし、この文章を読めているのであれば
間違いなく簡単に遂行できる内容です。

保障を適用する場合は、メールボックスや
確認作業の確認画面を私の方にメールにてご提示いただければ、
こちらの方でもあなたの“●●差収益”の受け取り金額は
簡単に確認できます。

あなたがこの情報を手にし、実行した場合の労力は
1度の申請作業に週に1度、
かかっても数十分の確認作業、報告作業のみです。

週に1度のペースで100日間その作業を継続した場合の
可能性問題だけを述べるなら、
この“●●差収益”を300万円以上受け取れるか、
このマニュアル代金の返金を受けるかのいずれかになります。

もし、実際にそれだけのキャッシュを受け取れなかった場合の
可能性を考えた上でも、ほぼリスクは無いに等しい状態です。

その上で、もしも本当に受け取れた場合の可能性を考えれば
あなたがいま、どうするべきかは明らかだと思います。

私は実際にこの方法で稼ぐ事に成功し、
このようにわざわざマニュアル化して公開している訳ですから、
お疑い頂く必要も、ご心配頂く必要もありません。

私はあなたに揺るぎない事実を突きつけた上で、
100日間で300万円のキャッシュが受け取れるであろう
保障の方も付けさせていただきました。

後はあなたの決断1つです。

もしも決意が固まっているのであれば、
以下よりすぐにでもお申し込みいただければと思います。

スマホの申請で稼ぐ方法
権利収入・不労所得を手にして頂けます

download ボタン
製本版マニュアル取り寄せはこちら

確認作業の図解解説・報告作業の雛形メール付き