iPhone/Andoridスマホで通勤・通学の時間を有効活用する
電車通勤・通学や帰り道の時間は「稼ぐ時間」になる!

目次

皆さんはお持ちのスマホをどのような使い方をされていますか?
ゲームやLINEなどのメッセンジャーアプリでの、チャットが主でしょうか。

都内勤務のサラリーマンの平均通勤時間
出典:アットホーム「通勤」に関する実態調査

出典:アットホーム「通勤」に関する実態調査

都内勤務のサラリーマンの平均通勤時間は、約60分もかかっているとの事です。都内に在住する方だけではなく、都心近郊の千葉・埼玉・神奈川各県から出勤される方も、多い事でしょう。

電車が走行している時のスマホ利用者割合
電車が走行している時のスマホ利用者割合

出典:メトロアドエージェンシー

20歳以上の、男女の「電車内・走行中」のスマホ使用割合です。ほぼ9割の方が使用していて、唯一男性40台だけが使用率が落ち込むものの、「他人と目を合わせなくて済む」「通勤時間が勿体ないから情報収集やゲームで時間を潰す」など、何らかの形態でスマホを利用している方が80%を超えています。確かに、余程ギュウギュウ詰めのラッシュアワーでない限り、スマホとにらめっこしている方が多いように見受けられます。若い方、学生さんはポータブルゲーム機も少々、お持ちの方を拝見するように思います。

通勤・通学中にスマホで何してる?
通勤・通学の電車内で何をしているのか

出典:メトロアドエージェンシー

では実際に”スマホを使って何をしていますか?”というアンケートの結果です。メール70%(これはLINEでのチャットにかなり置き換わっているものと考えられます)、ネットの閲覧70%、やはりスマホならではの利用方法として、15%くらいの方が動画を見ています。ガラケー時代から根強い「ゲーム」は30%くらいと、時間を費やしつつゲームを先に進める、という方も多い事でしょう。

この「ゲーム」に関してはガラケー時代はGREE、モバゲーが強かったのですが、

ソーシャルゲーム 経常利益ランキング(平成25~26年)

ソーシャルゲーム 経常利益ランキング(平成25~26年)
出典:業界動向サーチ.com

GREE、モバゲーに変わり「ゲーム自体でのシェアを伸ばした、スマホならではの機能を活用したアクション・パズルゲームを世に送り出している」ガンホー、ネクソン、コロプラなどが目立って利益を上げているようですね。私は以前からずっと、GREEのゲームでダラダラと課金を続けてしまっているのですが、こう見るとGREEも今や少数派なのですね。

ゲームで課金するならアンケートで稼げ!
スマホで散財せず、コツコツお金を稼いで換金しよう

電車で移動中に課金する・・・
究極の自虐行為、禁断のデカダンスとでも言いますか(笑)

結局のところ、ソーシャルゲーム全般に言える事なのですが、
お金を浪費する事は有っても、お金を稼げる要素はない。

せっかく小一時間、電車に揺られて時間が取れるなら、その貴重な時間を「お金を稼ぐ・貯める」行為に使った方が絶対的に有意義なのではないかと、最近よく考えるのです。レアアイテムやレアカードの収集、コレクションはある意味興奮します。”お金を払って、限られた人だけゲットできる”という優越感もあり、そう簡単に抜けられない中毒性も有ります。私に至っては、恐らくGREEに一般的な自家用車を新車で1台、購入できるくらいの金額は課金してしまっていると思います。やめようやめよう、とは思うんですけどね・・・。課金する為に通勤して、給料を稼ぐだなんて・・・馬鹿げていると自分でも感じています。

実は最近、GREEへの愛情が減少したと言いますか、課金の金額は減らしつつあります。その代りと言えるかどうかは分かりませんが、「アンケートに答えてお小遣いを稼ぐ」事にハマりつつあります。

主に「マクロミル」を使っています。アンケートに答えてお金を貰えるなど、全く想定もしなかった、望外の事だったのですが・・・お小遣いサイトや、ポイントを換金できる「ポイントサイト」ではどうやら定番のコンテンツのようです。

この”マクロミル”では、1問で180円分のポイントを貰った事も有ります。普通のお小遣いサイトで、180円分貯めるのに一体何日掛かるんだろうか、と頭を捻ってしまいました。なお、infoQというアンケートサイトでも1問で90円という半ばボーナス的なポイントを貰った事も有るので、こういった高額ポイントのアンケートがまた来るのではないかと、待ち侘びている所です。

さて、ここで私自身の”通勤時のスマホの使い方”について、発表させて頂きます。

矢印 緑通勤時、マクロミルinfoQの、届いているアンケートに回答します。所要時間にして約20分。

矢印 緑私は電車で通勤・退勤が約1時間ずつ、計2時間は掛かります。アンケートに回答するのは長くても30分。残り1時間30分は・・・お小遣いサイトの”クリックポイント”をクリックしたり、メールで届いているクリックをこなして、時間を潰しています。

矢印 緑大体のパターンとしては、通勤時間にアンケートに回答、お小遣いサイトのクリックを片付ける、というルーティンになっています。退勤時・帰り道はというと・・・GREEのゲームで遊ぶ、お小遣いサイトのメールクリックが届いていないかチェックする、ニュースを見る(読む)、LINEとwowappでチャットする、などのスマホの使い方だと思います。

実は一番、お金の貯まり方が早かった
アンケートサイトは「継続」が吉だと思う

先に述べた「マクロミル」
実はと言うと、「換金額」までに到達するのが早かった。
私は「お小遣いサイト」も多数やっているのですが、お金に換えて振り込んで貰うまで一番早かったのは「マクロミル」でした。毎日チマチマと、電車に揺られながらアンケートに回答していった成果が形となって、嬉しかったです。

ただ、一度換金してからがちょっと停滞気味です。
ポイントの増える速度が鈍化してしまいました。

今後はしぶとく、コツコツとアンケートに回答して”2度目の換金”を目指そうと思っていますが、それより何より、せっかくアンケートサイトで稼いだお小遣いを、ソーシャルゲームの課金で無駄遣いしないように「理性を保つ」事が難しいかもしれないです。年末はGREEやモバゲーなども、様々なキャンペーンを打ち出して、課金への誘惑をかけて来る事が予想されますからね。

ちなみにアンケートサイトは、回答を続けているうちに件数そのものが増えてゆき、稼げるポイントが増加してゆきます。まあ当然と言えば当然かも知れません。積極的に沢山回答するユーザーに、多く設問した方が回答を得られる可能性が高くなり、アンケート配信会社からすれば無駄を省き、収集するデータの正確性を高める方法でもあるのだと思われます。